皆さんは「キシリトール中毒」という言葉を聞いたことがありますか?
キシリトール中毒とは、犬がキシリトールを摂取した時に起こってしまう中毒症状のことです。
有名な玉ねぎ中毒やチョコレート中毒は聞き馴染みがあるかもしれませんが、キシリトール中毒も同様に命を脅かすような悪影響を及ぼします。
今回はそんな意外と知られていない、けれど、とても危険な「キシリトール中毒」について詳しく調べてみました。

本当に怖い「キシリトール中毒」の話

そもそも、キシリトールはどういうものでしょうか?
キシリトールとは自然界に存在する糖アルコールの一種です。イチゴやほうれん草など果実や野菜に含まれており、人間の肝臓でも作られているそうです。
また、白樺や樫などの樹木からも抽出され、砂糖と同じ甘さがあるためお菓子などの甘味料として使われています。
キシリトールは、私たち人間へは安全なもの。
糖度があるにも関わらず、むし歯の原因となる歯垢や酸を作らない他、唾液の分泌が促進され口内を洗浄したり、歯垢や虫歯菌を減少させたりと良い効果があります。
しかし、犬にとってのキシリトールは全く異なり、とても危険な成分なのです!
犬がキシリトールを摂取すると、体内でインスリンが大量に分泌されるのですが、この過剰な分泌が大問題。
インスリンは膵臓で作られるホルモンで、血糖値を下げる働きをします。そのため、犬の体内で急増したインスリンにより血中の糖分が急激に下がり、低血糖症を引き起こしてしまうのです。
犬が低血糖になると、一体どうなってしまうのでしょうか。
ぐったりする虚脱や衰弱状態となったり、嘔吐や下痢をしてしまったり、酷い場合には痙攣を起こしてしまいます。
同時に肝障害が生じることも報告されていて、黄疸などの症状があらわれるだけでなく、二次的に血液凝固障害を生じることがあります。
こうした中毒症状が激しい場合、例え動物病院へ連れて行ったとしても哀しいことに手遅れとなってしまう可能性が高いと言います…。
研究によると、犬の体重1kgあたり、キシリトール0.1g以上の摂取で中毒症状が起きるそうですが、犬種や犬それぞれの体質、健康状態によっても異なるので、量に関わらず、キシリトールの入った食品を食べさせないことが一番です。
キシリトール入りのガムや飴など、つい手に届きやすい場所やポケットに入れてしまいがちのお菓子や、洗面場の歯磨き粉は要注意。
お留守番中や気付かないうちに食べてしまわないよう、犬の目に触れない・届かない場所できちんと保管しましょう。
犬の歯磨きの際は決して人間の歯磨き粉を使用せず、犬にとって安全なものを選んで使ってください。
もしキシリトールを食べてしまったら、すぐにかかりつけの動物病院へ連絡しましょう。
例え食べた直後に異常が見られなかったとしても、時間の経過とともに中毒症状が起こる可能性が十分にあるからです。
愛犬の命に関わりますので自己判断せず、獣医さんのアドバイスに従ってください。

愛する家族の健康を守る、正しい知識

キシリトール以外にも、玉ねぎやチョコレートをはじめ、犬が中毒を起こしてしまう食べ物は様々あります。

・ネギ類 (玉ねぎ、ネギ、にんにく、ニラ、らっきょう、ワケギ等)
・カカオ (チョコレート、ココア等)
・ぶどう、レーズン
・アボカド
・マカダミアナッツ
・香辛料
・アルコール
・カフェイン
・牛乳
・生肉

など。(上記は一例です)
中毒とは異なりますが、加熱した鶏の骨も危険だそう。
なぜなら鶏の骨は加熱すると縦に割れやすくなるため、割れて尖った骨を飲み込み喉や胃を傷つけてしまうからです。
犬が食べてはいけない物を口にしているところを見つけたときは、決して大きな声を出してはいけません。
大声を出されると、びっくりして、あるいは、盗られないよう、くわえたものを飲み込んでしまいます。
犬が自ら口から離すよう、おやつで呼ぶなど落ち着いて対応するようにしましょう。
日頃から、口にくわえたものを離すことができるようトレーニングしていくことも、誤飲の予防となります。
大切な家族である犬の健康、そして命を守ることはオーナーの大事な役割です。
正しい知識を身につけながら、愛犬との暮らしをたのしんでいきましょう!

※記事内でご紹介する内容は、調査結果の一例です。
個体差がありますので参考程度にお読みいただき、ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。